田中将大がアストロズのサイン盗みに言及 「違和感があった試合はあった。サインを複雑にしていた」

2020年01月23日 22:30

[狗鷲タイムス]

抜粋

1: 風吹けば狗鷲 2020/01/23(木) 14:37:47.58 ID:j4fs27zB0
 米大リーグ・ヤンキースの田中将大投手(31)が23日、楽天生命の屋内練習場で自主トレを公開。
アストロズが不正なサイン盗みを行っていたと認定された問題にも言及した。
no title

 これまで、発信できなかったもどかしさがにじんでいた。「違和感があった試合はあったけど、ピッチャーはそれを言い訳にできないので」と以前から違和感があったことを明かした。
違和感を感じたのは「特定のチーム」とし、「ヒューストンのアストロズ戦ではランナーなしでも、サインを複雑にしていたし、サインを頻繁に変えていた。そういううわさはあった」と説明した。

 その上で「あんなすごい人たちが球種を分かっていたら打てるでしょ。野球ゲームでもそうでしょ。
球種が分かってたら打てるでしょ。強振で」と力説。疑惑が発覚し認定されたことを歓迎した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-01230098-sph-base

引用元: 田中将大がアストロズのサイン盗みに言及 「違和感があった試合はあった。サインを複雑にしていた」

続きを読む

この記事を見る