門別啓人(東海大札幌)、楽天「夏が楽しみな投手」

2021年10月05日 07:03

[ドラフト会議情報局2021 - 楽天]

抜粋

日刊スポーツwebsiteより (source)

門別啓人(東海大札幌高・投手)
182cm・左投左打・動画

 東海大札幌2年のプロ注目左腕、門別啓人(動画)が今秋の全道で初登板し、9回3安打1失点、12三振を奪う力投で、優勝した14年以来7年ぶりの4強に導いた。最後の打者を空振り三振に切って取り「ピンチで変化球を投げて当てられるのが嫌だった。最後は直球重視で、押して行けたのが良かった」と振り返った。

地区予選後の紅白戦で最速を149キロに更新。さらに「全道準決勝、決勝の連投に耐えられるように」と、地区前まで1日おきだった投球練習を毎日行い、ブルペンで70球前後投げた後に遠投も加えるなど、スタミナ強化を徹底してきた。

この日の最速は144キロも、視察した楽天・宮越スカウトは「春に見たときより体の向きが良くなった。要所要所でいいボールを投げていた。夏が楽しみな投手」と話した。

中5日での準決勝は、16年夏の甲子園に出場している難敵クラークと対戦する。「小学校の時、東海大四が(15年に)甲子園で準優勝したシーンを覚えている。僕らも、あの舞台に立ちたい」。初めて背番号1を付けた昨秋は地区敗退。今春全道、夏の南北海道大会は8強で敗れた。自身初の道大会4強。全力で、あと2勝をつかみ取る。

(10月4日 北海道大会準々決勝 東海大札幌 6-1 白樺学園)



門別君のピッチング動画はこちら

この記事を見る